心のゆくばかり
なつかしい女の匂ひを嗅いだ

映画「蒲団」

aff21正式出品

心のゆくばかり
なつかしい女の匂ひを嗅いだ

2024年5月11日(土)
K's cinemaにて
劇場公開!

予告編

作品紹介

日本文学史における
私小説出発点

田山花袋の不朽の名作原案

斉藤陽一郎、20年ぶりの単独主演作

日本の自然主義文学を代表する作家である田山花袋が1907年(明治40年)に発表し、日本文学史における私小説の出発点と言われている不朽の名作『蒲団』。妻子ある小説家・竹中時雄は、懇願されて弟子にした女学院の学生に恋をし、彼女に恋人ができたことで嫉妬に狂い、破門にするものの強い未練を残すというに内容。
舞台を明治から令和に移し、小説家から脚本家に設定を変えた主人公の時雄を演じるのは、『EUREKA』等、青山真治監督の常連俳優として知られ、数々の映画・ドラマに出演してきた名バイプレイヤーの斉藤陽一郎。今作は『軒下のならずものみたいに』(青山真治監督)以来、20年ぶりの単独主演作となる。脚本家志望の芳美には、映画『ベイビーわるきゅーれ』で注目を集めた秋谷百音。時雄の妻・まどか役には現在公開中の『一月の声に歓びを刻め』を始め日本映画界に欠かせない名優・片岡礼子。そして、TBS系日曜劇場「下剋上球児」の熱演で話題を呼んだ兵頭功海は、脚本家を目指している芳美の彼氏の田中秀夫を、映画・ドラマ等数多くの作品に出演している永岡佑は時雄に仕事を依頼しているプロデューサーの海谷を演じます。
監督は『テイクオーバーゾーン』(20)『YEN(DIVOC−12)』(21)で現代の問題を独自の目線で切り取り、エンタメ作品に昇華してきた気鋭・山嵜晋平。『テイクオーバーゾーン』は「第32回東京国際映画祭(19)」日本映画スプラッシュ部門に出品され主役の吉名莉瑠がジェムストーン賞を受賞。脚本は『戦争と一人の女』(12)や『花腐し』(23)等、長年、荒井晴彦と共に脚本を作り上げてきた中野太。

あらすじ

“この恋は
ハラスメントなのか、純愛なのか...”

この恋
ハラスメントなのか、
純愛なのか...

竹中時雄(48)は脚本家を生業としているが、仕事への情熱を失い、妻のまどか(47)との関係も冷え切り、漠然と日々を過ごしていた。ある日、時雄の作品の大ファンで脚本家を志しているという横山芳美(21)が仕事部屋に押しかけ、弟子にしてくれてと懇願する。時雄は芳美の熱心さに根負けする形で師弟関係を結ぶ。一緒に仕事をするなかで芳美の物書きとしてのセンスを感じるとともに、彼女に対し、恋愛感情を覚えるようになる。芳美と同じ空間での共同作業を進めていくうち、納得がいく文章が書けるようになり、公私ともに充実感を得るようになる時雄。だが、そんな日々もつかの間、芳美の彼氏で同じく脚本家を目指しているという田中秀夫(20)が上京してくるというのだ。嫉妬心と焦燥感に駆られ、強く反対する時雄だったが…。

キャスト

斉藤陽一郎

斉藤陽一郎

竹中時雄 役

1970年生まれ。94年篠原哲雄監督作品「YOUNG & FINE」のオーディションにて主役に抜擢され役者の道へ進む。青山真治監督作品「教科書にないッ!」(95)に出演以降、青山監督の殆どの作品に出演。同監督作品『Helpless』(96)にてスクリーンデビューを果たし、『EUREKA』(2000)『サッド ヴァケイション』(07)と北九州三部作に出演。「軒下のならず者みたいに」(03)では主役を演じる。97年よりテレビ朝日ドラマ「君の手がささやいている」シリーズ、01年より日本テレビドラマ「取調室」シリーズ、11年テレビ朝日ドラマ「DOCTORS~最強の名医~」シリーズ、2019年フジテレビドラマ「監察医朝顔」シリーズなどにレギュラー出演する。映画では『弟切草』(01/下山天監督)『殯の森』(07/河瀨直美監督)『ディア―ディア―』(15/菊地健雄監督)等、数多くの作品に出演している。
『夜明けのすべて』(三宅唱監督)『PLAY! 勝つとか負けるとかは、どーでもよくて』(古厩智之監督)が現在、公開中。

秋谷百音

秋谷百音

横山芳美 役

1999年生まれ。2021年、映画『ベイビーわるきゅーれ』に出演し注目を集める。2022年はドラマ『恋に無駄口』(ABCテレビ)、『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ)、映画『鍵』(井上博貴監督)などに出演。2023年はドラマ『今夜、わたしはカラダで恋をする。Season2』(ABEMA/第4話主演 )、『なにわの晩さん』(ABCテレビ/第3話メインゲスト)、映画『ヒットマンロイヤー』(大野大輔監督)などに出演。今後も複数の作品への出演を予定している。

片岡礼子

片岡礼子

竹中まどか 役

1973年生まれ。93年、橋口亮輔監督作『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。翌年、『愛の新世界』(94/高橋伴明監督)でホテトル嬢のアユミを体当たりで演じ注目を集めた。その後も映画『KAMIKAZE TAXI』(95/原田眞人監督)、『ハッシュ!』(01/橋口亮輔監督)などに出演し精力的に活動するも、02年1月、舞台の稽古中に脳出血で倒れ、一時命の危機に瀕する。手術などを経て回復し、04年に公開された映画『帰郷』(萩生田宏治監督)で女優業に復帰した。近年の主な映画出演作に、『まほろ駅前多田便利軒』(11/大森立嗣監督)、『武曲 MUKOKU』(17/熊切和嘉監督)、『楽園』(19/瀬々敬久監督)など。出演作『笑いのカイブツ』(滝本憲吾監督)『一月の声に歓びを刻め』(三島有紀子監督)が現在公開中。

兵頭功海

兵頭功海

田中秀夫 役

1998年生まれ。福岡県出身。2018年に「NEW CINEMA PROJECT」オーディションでグランプリを獲得。翌年、映画『五億円のじんせい』で俳優デビューを果たすと、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」にカナロ/リュウソウゴールド役で注目を集める。その後も話題作に多数出演し、初の主演映画『消せない記憶』(23)は数々の海外の映画祭にて上映。近年、ドラマ「CODE-願いの代償」(23)、日曜劇場「下剋上球児」(23)が話題になり、ネクストブレイク俳優として注目されている。24年は映画『18歳のおとなたち』『みーんな、宇宙人。』、ドラマ「9ボーダー」等に出演。

永岡佑

永岡佑

海谷 役

1982年生まれ。『ピカレスク 人間失格』(02)で映画デビュー。映画『レディ・ジョーカー』『草の乱』(04)、NHK連続テレビ小説「風のハルカ」(05)、映画『愛のむきだし』(09)、『カズラ』『カケラ』(10)、 『ヒミズ』(12)、ドラマ『半沢直樹』(13年)、「花燃ゆ」(15年)、映画『風に濡れた女』(13)、『誘惑は嵐の夜に』、『亜人』(17)、ドラマ『中学聖日記』(18)、映画『名もなき世界のエンドロール』(21)、『太陽とボレロ』(22)、『海辺の恋人』(23)など多数の映画、ドラマに出演している。

スタッフ

監督:山嵜晋平

1980年生まれ、奈良県出身。日本映画学校在学時に卒業制作「魚の味」監督。卒業後、(有)楽映舎にて制作部としてキャリアをスタート。『十三人の刺客』『一命』『藁の楯』『土竜の唄』など三池崇史監督のもとで鍛えられる。その他、『東京オアシス』『ヘヴンズ ストーリー』『アントキノイノチ』『繕い裁つ人』など多くの監督、プロダクション作品で活躍後、2015年からBSジャパンにてドラマを監督する。 長編映画初監督作である『ヴァンパイアナイト (映画)』が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」正式出品。19年『テイクオーバーゾーン』が「第32回東京国際映画祭(2019年)」日本映画スプラッシュ部門に出品され主役の吉名莉瑠がジェムストーン賞を受賞。『DIVOC-12「YEN」』(21年公開・ソニー・ピクチャーズ)、『なん・なんだ』(2022年公開・太秦)等がある。 プロデュース作品『一月の声に歓びを刻め』(三島有紀子監督・東京テアトル)が24年2月公開。

脚本:中野太

1968年生まれ、新潟県出身。シナリオ作家協会シナリオ講座修了後、荒井晴彦に師事。98年、ピンク映画『黒と黒』(98/新里猛作監督)で脚本家デビュー。主な作品に『魔法少女を忘れない』(11/堀禎一監督)、『戦争と一人の女』(13/井上淳一監督)(荒井晴彦と共同脚本)、『さよなら歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)(荒井晴彦と共同脚本)、『夢の女 ユメノヒト』(16/坂本礼監督)、『ろんぐ・ぐっどばい 探偵古井栗之助』(17/いまおかしんじ監督)、『なん・なんだ』(22/山嵜晋平監督)、『花腐し』(23/荒井晴彦※荒井晴彦と共同脚本)などがある。

原案:田山花袋「蒲団」

1872年1月22生 ~ 1930年5月13日没

1891年尾崎紅葉に入門,その指示で江見水蔭に兄事。硯友社系作家として『瓜畑』 (1891) などを書いたが,『重右衛門の最後』 (1902) 頃から客観的態度を重視,1907年『蒲団』を発表,仮構より告白を重んじるという日本自然主義文学の性格と方向を定めた。その後文芸雑誌『文章世界』を拠点に自然主義を推進,『生』 (08) ,『妻』 (08~09) ,『縁』 (10) の3部作や,『田舎教師』などを発表して,島崎藤村と並ぶ自然主義文学の代表作家となった。しかし,『髪』 (11) あたりから次第に虚無的な人間認識を強め,『時は過ぎゆく』 (16) から晩年の名作『百夜』 (27) へと個性の円熟を示した。ほかに『一兵卒』 (08) ,『土手の家』 (08) ,『再び草の野に』 (19) など。

応援コメント

※順不同、敬称略

明治から脈々と続く、この極東の島のミゼラブル。しょうがないよね、男って。よし、いつもの居酒屋に16時集合ね!呑もや!

光石研(俳優)

若い弟子の性の魅力にからめとられた中年作家。なんてダメで、みっともなくて、しょうもない…でも、なんて愛すべき男なんだ!百年前の原作だが、男の本質は変わらない。

笠井信輔(アナウンサー)

ちゃんと傷付くということが、ちゃんと心に響いたのは、映画の世界観が完璧だったからだろう。 主人公にも弟子にも、共感と嫌悪感。どちらも感じるなんて、傑作だ。

佐津川愛美(女優)

蒲団は肉体だ。弟子であった彼女の肉体を嗅ぎ抱きしめながら悶え苦しむ斉藤 陽一郎の姿は秀逸であるし、ラストの秋谷百音の表情も見逃してはならない。
この映画は、作り手には内包されるであろう暴力性の闘いを見せる。
惹かれ、嫉妬し、屈辱を感じ、裏切り、奪い、愛し、そして作品が誕生する。
これが他ならぬ山嵜監督の私小説なのだろう。

三島有紀子(映画監督)

単純で、嫉妬深く、見栄っ張りで、情けない―。
明治(原作)も令和(映画)も変わらない“男”の生態をリアルに描く山嵜監督の手腕と、斉藤陽一郎さん演じるダメ男の愛嬌と哀愁に感服。同じ男として身につまされる思いもあるが、、面白い!

ウエダアツシ(映画監督)

この作品は「中年男性の、中年男性による、中年男性のための映画」です。(笑) 是非、悲哀に満ちた中年男性の脳内を覗いてみてください!!

永江二朗(映画監督)

令和の世では少し反動的とも感じる物語なのに、時雄を演じる斉藤陽一郎さんの妙な味わいと魅力にすっかり引き込まれ、時雄と共にヒトが持っている根源的な人間臭さを嗅いだような気がした。

菊地健雄(映画監督)

屋上と橋があれば映画はできる。引き裂かれたふたつの場所を繋ぐ夢見る空間と言ったらいいか。もちろんそれがいい夢であるとは限らない。1世紀を超えて蘇った作家の夢は残酷な滑稽さを伴って、われわれを凍り付かせるだろう。

樋口泰人
(boid主宰/爆音映画祭プロデューサー)

斉藤陽一郎さんが演じる主人公の恋心。
痛々しさすらチャーミングだ。
やめておけー!と頑張れー!という気持ちが両隣にありました。
ピュアってずるいなあ。皆が自分を譲りたくない。

根矢涼香(女優)

かつて手の中にあったはずの、失った熱や若さ、
才能みたいなものについて。
今作で見苦しく足掻くひとりの脚本家を笑う事は出来ない。
そこに生きている誰かや自分を見るから。
まぁお互い頑張っていこうやと声をかけたくなった。

川瀬陽太(俳優)